* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.10.09 Wednesday * | - | - | -
* 丸帯でチャイナドレス


今年初のご依頼は、チャイナドレスのオーダーメイドでした。
素材は旧家に眠っていた立派な丸帯をつかって
世界に一つしかないドレスを創りました。


※丸帯は帯巾の倍の幅で織られており、その幅を半分にして仕立てられています。片側は縫い目がなく、輪になってできています。解いて開けば帯巾の倍の幅になり、柄は全面に織られている豪華さが特徴です。


チャイナドレスで何よりも重要なのはその人にぴったりのサイズです。
ご依頼主であるNさん(67歳)のバスト、ウエスト、肩幅、ドレス丈、袖丈と細部に渡りサイズを計らせていただきました。
次に製図し、Nさんのサイズに合わせたオリジナルの型紙(パターン)を取ります。


豪華な生地の裁断に続き、仮縫いの準備です。
まず、身頃のみ作ってから、Nさんに連絡を入れ、ご来店をお待ちします。

袖山や首の部分など、立体的に見せるため、細かくぐしぬいをして蒸気と熱と圧力をアイロンで加えて、いせ込みで形作ります。



こうして、ピッタリサイズのチャイナドレスが完成

 



丸帯でつくったチャイナドレスでカラオケ大会に出場のNさん
ゴージャスでエレガントな姿が大注目でした

 旧家の橋爪からいただいた丸帯は、余すところなく活かさせていただきました。名付けて「ギフトクッション」。こちらは、オーダーメイドHIROKOのお店にディスプレイしております。
2012.09.06 Thursday * 21:49 | HIROKOの婦人服づくり | - | -
* スポンサーサイト
2013.10.09 Wednesday * 21:49 | - | - | -
<< 小紋の反物でトータルコーディネート | main | オーダーメイドHIROKOの作品集 >>