* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.10.09 Wednesday * | - | - | -
* ボレロ
 ノースリーブのフレアーワンピースにボレロを作りました。
以前にノースリーブのワンピースを作りましたが、二の腕が気になると言うことでボレロを作ることになりました。

次に作り方を紹介します。
2013.03.16 Saturday * 11:00 | HIROKOの婦人服づくり | - | -
* オーダーメイドHIROKOの作品集

 あなただけのオリジナルを!
オーダーメイドの洋服店 HIROKO
住所:大阪市阿倍野区松虫通1-1-10
営業時間:12:00〜18:00
営業日:月・火・水・木・金・土曜日
定休日:日曜日、祝日

06−6653−6625
不在の場合…電話:090−9704−2818

ご来店の際は、ご連絡いただけると確実です

posted by (C)オーダーメイドヒロコ
2013.02.20 Wednesday * 10:35 | HIROKOの婦人服づくり | - | -
* 丸帯でチャイナドレス


今年初のご依頼は、チャイナドレスのオーダーメイドでした。
素材は旧家に眠っていた立派な丸帯をつかって
世界に一つしかないドレスを創りました。


※丸帯は帯巾の倍の幅で織られており、その幅を半分にして仕立てられています。片側は縫い目がなく、輪になってできています。解いて開けば帯巾の倍の幅になり、柄は全面に織られている豪華さが特徴です。


チャイナドレスで何よりも重要なのはその人にぴったりのサイズです。
ご依頼主であるNさん(67歳)のバスト、ウエスト、肩幅、ドレス丈、袖丈と細部に渡りサイズを計らせていただきました。
次に製図し、Nさんのサイズに合わせたオリジナルの型紙(パターン)を取ります。


豪華な生地の裁断に続き、仮縫いの準備です。
まず、身頃のみ作ってから、Nさんに連絡を入れ、ご来店をお待ちします。

袖山や首の部分など、立体的に見せるため、細かくぐしぬいをして蒸気と熱と圧力をアイロンで加えて、いせ込みで形作ります。



こうして、ピッタリサイズのチャイナドレスが完成

 



丸帯でつくったチャイナドレスでカラオケ大会に出場のNさん
ゴージャスでエレガントな姿が大注目でした

 旧家の橋爪からいただいた丸帯は、余すところなく活かさせていただきました。名付けて「ギフトクッション」。こちらは、オーダーメイドHIROKOのお店にディスプレイしております。
2012.09.06 Thursday * 21:49 | HIROKOの婦人服づくり | - | -
* 小紋の反物でトータルコーディネート


私の息子兄弟がとてもお世話になった元幼稚園の先生がご来店になられました。
現在は某短期大学で教鞭をとるY先生です。


「一生に一度、HIROKOさんの店で洋服をオーダーしたいと思っていたんです。」と言う、うれしいお言葉


店にあった小紋の反物を見せたところ、とても気に入っていただけたので生地選びは完了。

デザインが決定し、仮縫いからスタートしました。


学校の入学式や卒業式にとのご要望だったので、スーツに合わせコサージュとバックの3点セットで作らせていただきました。


また、披露宴の席では
「とても仕立てのいいスーツですね。着物リメイクですか?」と声をかけられたそうです。












学校の先生は、なにかしらの式にお呼ばれする機会が多く、フォーマルススーツが重宝するようですね。

息子たちがお世話になった先生の晴れの日のお洋服をコーディネートさせていただいたことに、感謝です。

2012.07.22 Sunday * 22:29 | HIROKOの婦人服づくり | - | -
* オーダーメイドのフリルブラウス

当HIROKOのブログを見てご来店いただいたNさん。
「バストが大きいので、既製服が合わないのでつくっていただきませんか?」と、デサイン画を持って来られました。リボン、レースがついた左右非対称のブラウスです。

お客様のイメージ通りの素材を求めて、3店舗まわり、白のレースや布を取り寄せました。


次はスカートです、これもデザイン画がありましたので布をサンエルで注文して縫いました。









製図し、仮縫いして完成!
Nさんは、試着し「こんなに素敵なブラウスは初めてです。
着心地も最高です」と言ってくださいました。

2012.06.22 Friday * 13:40 | HIROKOの婦人服づくり | - | -
* 丸帯でチャイナドレス好評です!

カラオケ教室に通うNさんがチャイナドレスで歌うのを見て
新たな注文が舞い込みました。
それは、カラオケ教室を主宰する娘さんのお母様からです。
素晴しいな丸帯を手にご来店いただきました。

まずは、立派な帯の裏打ちからはじめます。


バストが1m、丈が裾までと長がかったので、
後ろ身頃をヨークにして裁てました。
裾はAラインをご希望。長身でドレス丈が足りなかったので、
こちらもヨークで切り替えました。

前身頃、肩からバストポイントまで少し入れて、本縫いに入りました。
 


娘さん主催のカラオケ大会は観客100人以上と大盛況。その舞台で素敵な美声を披露されました。 まるでプロの歌手かのような姿に私もほれぼれです。 
発表会の後、ロビーでご主人からも声をかけていただき
「素敵なドレスをありがとうございました。本当にお願いしてよかったです」と言われました。とてもうれしかったです。

 ▼こちらは、娘さんの歌声です。とにかく素敵です

2012.04.20 Friday * 11:28 | HIROKOの婦人服づくり | - | -
* 着物リメイクスーツ、完成!

アナウンサーの清水共子さんに着物リメイクの
ご試着のため、再度ご来店いただきました。

94歳で天寿をまっとうされた祖母様の着物を、
「オーダーメイドのアンサンブルに」という、
身の引き締まるご依頼です。



▲できあがったのがコチラ。
着物の生地の良さを活かした仕上がりになりました。
上品なお顔が引き立つ色柄とラインです

お洋服は早速、4月1日の東日本大震災復興支援ライブの
司会進行で着ていただいたとのこと。



東北の石巻につくられた「子ども診療所」を支援する、小児外科医の吉岡秀人先生の講演会と、あの庄野真代さんや原田真二さんも友情出演で舞台に立つ華やかなステージだったようです。



なんと、うれしいことに司会本番の忙しい中、楽屋の鏡を利用して写真を撮って送っていただきました。

さすが司会者のプロです。イキイキお仕事されている様子が伺えます。














大好きな祖母の着物ですが、着る機会はないなァ〜と思っていたのですが、こうして洋服になれば、出番も増えて、喜んでくれると思いま
とも

ご試着納品の日も、共子さん親子で仲良くご来店いただいたのですが、お祖母様もさぞ魅力的な方だったんだろうなと偲ばれます。素敵なご家族だなと、心から感じました。




ありがたいことに、
共子さん&お母様のお洋服も次作、進行中です。

写真)仮縫い中のお洋服を着るお母様と共子さん








2012.04.02 Monday * 23:40 | お客様紹介 | - | -
* 感謝!フリーアナウンサー清水共子さん親子でご来店

 

2月28日の午前中に、フリーアナウンサーの清水共子さん親子にご来店いただきました。
共子さんは番組制作会社を経営し、司会者としても大活躍。
お母様は御歳79とは思えないほどお肌もピカピカでチャーミングな女性です。
着物のリメイクをということでお越しいただきました。

ありがたいことに、清水共子さんのフェイスブックにて当店のことをご紹介くださいました。以下、共子さんのコメントです。

母の昔の着物をリメイクして洋服を作ることになり、古い着物4枚
を手に、阿倍野区の「オーダーメイドHIROKO」をお訪ねしました。
NHKの朝ドラ「カーネーション」も
...ビックリの(?)ヒロコ先生のデザインに感動して、母はパンツスーツとコート、私はワンピースに仕立て直して頂くことにしました。着物の柄を生かして作られたジャケットを着て、うれしそうな母と私です。

共子さん、うれしいコメントをありがとうございます!!感謝、感激です。また、「いいね!」が240人もついたというのですから、驚きました。
ご期待に応えられるよう、これから作品づくりに取り組みます。

清水共子さんのご活躍ぶりは、
共子の部屋・「派遣村TVでも見ることができます。
評価:
株式会社ミッション・ブロードバンド
¥ 1,980

2012.03.04 Sunday * 18:03 | お客様紹介 | - | -
* 大きいサイズの婦人服を作りました。


奈良県吉野郡のM様がご来店になりました。きっかけは、当ブログです。「松虫は、よく通りますので、伺わせていただきます。」と連絡があり、数日後、仲良く夫婦でご来店いただきました。

「子供が結婚するので、黒のワンピースとラメの上着を仕立て欲しいです。」とM様。黒の布地は(株)サンウェルで、ラメは江綿(株)の生地見本で、お好みの布を選んでいただきました。

次はデザイン画です。黒はシンプルな無地なので、前身頃にフリルを入れ、衿なしにしました。ノースリブとのご要望なので、キャプスリーブを二枚にしてご提案しました。

「かわいくて、いいですね」と気にいっていただきデザインが決定。採寸は、B125、H128、W117、AH16でした。次回の仮縫いの日をご予約いただきました。その間、一緒にご来店の御主人は近くの喫茶店で小一時間お待ちいただきました。



そして、本縫いです。

袖を通したM様は「ゆったりして、とても着やすいです。」とのご感想。ラメは素敵だけど、ともすもれば、水ぽっくなってしまいます。ラメの生地に黒のワンピースの布をパイピングすることでワンピースとの統一感が生まれ 想像どおりの上品な仕上がりになりました。












「ありがとうございます。一度ラメの服を着てみたかったんです。これで娘の門出を祝います。」とのうれしいお言葉。

ぽっちゃりしたかわいいお母様が、キュっと引き締まり輝いた印象になりました。

2012.03.03 Saturday * 10:42 | HIROKOの婦人服づくり | - | -
* 新年明けましておめでとうございます



世界にひとつだけの服をつくります!
オーダーメイドの洋服店 HIROKO

住所:大阪市阿倍野区松虫通1-1-10

営業時間:12:00〜18:00

営業日:月・火・水・木・金・土曜日
定休日:日曜日、祝日


お電話:06−6653−6625
不在の場合…電話:090−9704−2818

2012.01.01 Sunday * 00:47 | HIROKOのお店 | - | -

<< | 2/4Pages | >>